ただ厳しいだけじゃない教育

ランク分けをする意味

ミライピクチャーズアカデミーでは、アカデミー内で4段階のランク分けが施されています。
また、スクール内でのオーディションも多段階に分かれているため、段階ごとの振り落としがとても激しく同じアカデミー内の人と競い合わなければなりません。
しかし、なぜそういったランク分けをするのでしょうか。
それにはとても深い意味があるのです。
芸能界は常に競争ばかりです、私達一般人が考えているような優しい世界ではないのです、芸能界の門を叩くも競争ばかりでつらく絶望しすぐに芸能界から逃げる人もたくさんいます。
しかし、ミライピクチャーズアカデミーではそういった競争の世界で生き残るためにまずはアカデミー内で競争を行わせ耐えぬく強さを育てているのです。
ランク分けなど厳しい教育法の中でも、常に生徒のことを考えているのです。

実力主義である理由

ミライピクチャーズアカデミーはとても実力主義なアカデミーです。
成長が遅ければ置いて行かれてしまうこともあります。
しかし、芸能人になるということはそういうことなのです。
他者と差別化され、他人を蹴落としてでも自分が上に見られないと芸能界で成功することはできないのです。
そして、もし成長が遅くまだ芸能界でやっていけるほどの実力がついていないまま芸能界へ送り出すことが一番その人を苦しめるのです。
それをミライピクチャーズアカデミーはわかっています。
ミライピクチャーズアカデミーは芸能界に送り出すだけでなく、その人が芸能界に出た後のこともとても深く考えているのです。
それを考えたうえで、実力主義にしているのです。
ミライピクチャーズアカデミーを出れば、芸能界でも自信を大きく持つことが出来るでしょう。